薬に頼り正常化する!!

今できることをせず、できないことを求めるな

ホルモンの乱れを考える

8月 15th, 2016

生理と関係なく、血が出ることがあるんですが、悩みをどのようにしたら良いのかを考えてからうまくケアすることが重要になると思います。排卵時期に出血することもダラダラ続くようになると言われています。何らかの異常を経て、これから先のことを考えてから自分にとってどんなことをしたら良いのかを考えるわけなんですね。

ホルモンの変動によって排卵日の前後にほんの少し出血することは有りますが、決まった時期に少量、なら心配ありませんが、不規則に出血することで少量何日も続くという時は注意を子宮内膜から子宮内膜増殖や子宮の入口の炎症などによって症状が出ることがわかっています。

些細な事なんですが、自分にとって本当に必要なことを考えてからどのようなことをしたら良いのかを考えることが重要になるはずです。

ホルモンの乱れなどが大きく関わる必要があるために、シッカリとしたケアを心がけることが重要になります。